赤ちゃんを預けるお母さん・ご家族さんへ

この度は、COVID-19の感染に伴い想定外の事態となり、ご心痛はいかばかりかとお察しいたします。

更には、赤ちゃんを一時的に預かってもらわなければならないことになり、ご心配ですよね。

 

当助産所は、奈良市より事業委託され、赤ちゃんの一時預かりをすることになっております。

 

お母さんやご家族の皆様の不安を和らげることができますように、このページでは、助産所での赤ちゃんの一時預かりの詳細をお伝えします。

 

赤ちゃんの一時預かりが決定したら、助産所わ(TEL0742-93-7257もしくはjyosansyowa@yahoo.co.jp)

へご連絡ください。連絡方法や赤ちゃんの様子をお伝えする方法を相談しましょう。

*LINEを使い、助産師に相談したり、赤ちゃんの写真や動画を受信する

*ZOOMを使ってオンラインで助産師と話をしたり赤ちゃんの様子を見る

などが可能です。


赤ちゃんをお預かりする助産師は

助産師歴30年以上の助産師たちです。


赤ちゃんを助産所にお連れするときは

病院までの往復はタクシーを利用し、助産師が赤ちゃんを抱っこして(ベビーラップもしくはスリングを使用し、赤ちゃんの良い姿勢をキープし、赤ちゃんが安心できる形で)、助産所へお連れします。


こんな場所で赤ちゃんをお預かりします

当助産所にはベビーベッドが4台、ベビー布団が4セットあります。

どの部屋を使用しても、一人の赤ちゃん毎に専用の寝具を使用します。


授乳は? オムツは?

授乳は、ミルクを哺乳瓶で授乳します。

ミルクは 明治のほほえみと森永のはぐくみを準備していますが、ご要望のミルクがあれば準備いたします。

哺乳瓶は、いろいろなメーカーのものを準備しています。赤ちゃんの状態に応じて使用する予定です。

オムツは紙オムツを使用します。(パンパース・ムーニー)


沐浴は?

洗面台にベビーバスをセットし、沐浴を行います。

ベビーソープはミノン泡ソープを使用します。

沐浴の後は、ベビーローションで保湿をし、おへその消毒、お耳やお鼻の掃除、爪切りなどを行います。


複数の赤ちゃんがいるときは

一人の赤ちゃんに一つのベッドまたは布団を使用し、おくるみ・タオル・ガーゼなどすべてのものを個別使用とします。

別の赤ちゃんのお世話をする時には、必ず手洗いをしてから行います。


帰宅時には

ダウンロード
お迎えの時 持ってきていただくもの.pdf
PDFファイル 179.1 KB

上の説明にも記載していますが、帰宅前に、授乳指導・沐浴指導・育児指導をさせていただくことが可能です。お母さんだけでなく、お父さんへもご説明いたします。ぜひご一緒にご来所ください。

 

帰宅後に不安や疑問がある場合も、お気軽にお問合せください。

また、各自治体に「産後ケア事業」というものがありますので、そちらの利用を申請されるのも良いかと思います。