産後ケア事業について

「産後ケア事業」は出産後のお母さんを体調面や精神面でも支えるために、育児支援や各種サポートを行う事業です。

自治体ごとに利用の方法や制限などが違いますので、まずはお住いの自治体の「産後ケア事業」を調べてみてください。

 

現在、当助産所では生駒市木津川市の方がご利用いただけます。


産後ケア利用までの流れ

お住いの市町村に相談(電話や役所の窓口で)

 ↓

担当課との調整(家庭訪問や電話で)

 ↓

許可が下りたら担当課から助産所に依頼

 ↓

助産所からご本人に確認のお電話

 ↓

利用     


産後ケア利用時の大まかなスケジュール

10:00 来所

(ご都合により遅くなってもOKです)

12:00 昼食

17 :  00(生駒市デイケアの方はここで退所)

18 :  00(木津川市デイケアの方はここで退所)

18:00 夕食

  7:00 朝食

10:00 (ショートステイの方)退所

 

 *ご本人と赤ちゃんの状況に合わせて、沐浴(指導が必要な場合は沐浴指導)・授乳指導・乳房ケア(乳房マッサージは必要な場合のみ)・授乳や育児のアドバイスなどを行います 

 

*お母さんが入浴されるときは赤ちゃんはお預かりしますので、ゆっくりお風呂にお入りいただけます。

 

*お母さんの疲れ具合により、赤ちゃんをお預かりしてお母さんに休憩していただくことはありますが、育児に慣れることが大きな目的であるため、全面的な赤ちゃんの預かりはいたしません。

 

 


産後ケア時の持ち物

・母子健康手帳

・赤ちゃんの衣類、授乳ガーゼ

・おむつ、おしり拭き

・ミルク(ミルクをご使用の方のみ)

・お母さんの衣類

・母用タオル・バスタオル

・歯みがきセット、洗顔セットなど

・ナプキン(必要な方のみ)

・保険証と印鑑

 (万一病院受診が必要になった時のため)

(助産所にあるもの)

・沐浴に使うもの一式

・綿棒

・授乳クッション

・円座

・シャンプー・リンス

・ドライヤー

・スリッパ(持参してもOKです)

・ティッシュペーパー

・ペーパータオル

・電気ケトル

・カップ・コップ

・各種ティーバッグ、お茶

・ミニ冷蔵庫

・手指消毒用アルコール液

・哺乳瓶と消毒用品一式(持参の哺乳瓶を使用されてもOKです)

 


*なお、以下のご利用も可能です

<らくらくお泊りセット>

 ¥1,000/日

(含まれるもの)

赤ちゃんの衣類・ガーゼ・紙おむつ・おしり拭き・ミルク・母用タオル類+洗濯費 

 

*自動販売機はございません

*ご利用者様用の洗濯機はありません


<ご家族の面会・宿泊について>

2週間以内に体調不良(味覚異常・風症状・長引く下痢など)がなく、濃厚接触者ではない方で、当日の体温が37,5℃以下の方はご面会や宿泊が可能です。

なお、院内では必ずマスクの着用をお願いいたします。

 

*宿泊される場合は、施設使用料として¥1,000/泊を頂戴いたします。(大人のみ)